出版物

HOME > 出版物

出版物一覧

THE THREE PURE LAND SUTRAS (英訳 浄土三部経)

出版年月日:2014年04月24日 [ 新刊 ]

浄土宗総合研究所が取り組んできた『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の英訳版。浄土宗教学の伝統的理解との照合に取り組んだ、法然浄土教、日本浄土教の研究に必読の書。

Translated from the Jodo Shu Sacred Text

The JODO SHU
 RESEARCH INSTITUTE

Translated by
 Karen J. Mack

Edited by
 The JODO SHU RESEARCH INSTITUTE
 The Three Pure Land Sutras English Translation Project

Director of International Relations Section: Noriyoshi Tamaru
 Chief of Translation Project: Tomatsu Yoshiharu
 Main Translator: Karen J. Mack
 Editor: Hojo Ryushi, Ishida Kazuhiro, Sato Kensho

(この本のお申し込みは浄土宗出版室まで/海外からの注文はAmazonからどうぞ)


浄土宗の教えと福祉実践

出版年月日:2012年5月11日

浄土宗総合研究所・仏教福祉研究班編 ノンブル社刊
A5判 264ページ 定価 2,625円(税込)
ISBN 9789-4-903470-63-4

法然上人八百年御忌に際し 今こそ考えるべき事に 正面から立ち向かった待望の一書。
今日の不確かで、困難な状況下にあって、宗教は、仏教(教団)は、ことに浄土宗(教団)は、現実社会との関係を、どのように切り結んで、国民の福祉ニーズに応えていったらよいのだろうか。
まず第Ⅰ篇では、浄土宗の祖師すなわち二祖三代(善導・法然・聖光・良忠)および中興と称される聖冏、それぞれの教説のなかに福祉思想を読み取ろうとするもので、とりわけ実践の動機づけとしての言説を見いだすことに努めています。 第Ⅱ篇では、近代(明治・大正・昭和戦前期)浄土宗における代表的な僧侶の社会事業(慈善活動)を、その思想と実践面から系譜的に整理するとともに、近代と社会事業、信仰(浄土宗義)と社会実践、といった基本的な課題を考える際の手がかりを提供しています。 ―長谷川匡俊

(目次等の詳細はこちら


寄り添いの死生学  ~外国人が語る"浄土"の魅力~

出版年月日:2011年9月23日

マーク・ブラム/戸松義晴/ジョナサン・ワッツ/カール・ベッカー他 浄土宗出版刊
四六判 224ページ 定価 1,575 円(税込)
ISBN 978-4-88363-054-7

~あなたの逝き先、お決まりですか?~
浄土宗総合研究所の「Ojo&Death(往生と死)」プロジェクトチームが2年間にわたり、「往生と死」について、浄土教、そして日本仏教が現代社会にどのような意味を持ち、関わっていくべきかを研究した成果。
カール・ベッカー氏をはじめ、英国、タイなどの研究者が法然上人の往生観や、阿弥陀仏の来迎によって浄土に往生することのすばらしさを力強く説きます。
現代人必読の"いのちのガイドブック"です。

(この本のお申し込みは、浄土宗出版室までどうぞ。)


【現代語訳】浄土三部経

出版年月日:2011年4月7日

石上善應監修/浄土宗総合研究所・浄土宗基本典籍の現代語化研究班編
B6判 268ページ 定価 1,470円(税込)

浄土宗の所拠の経典で、西方極楽浄土への往生を勧める『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の「浄土三部経」。
阿弥陀如来の深い慈悲と衆生の平等を説くこの「浄土三部経」を、わかりやすく、かつ経文に忠実に現代語訳化。
法然上人800年大遠忌事業として完成。

(この本のお申し込みは、浄土宗出版室までどうぞ。)


法然上人のご法語(3)(対話編)

出版年月日:2001年6月25日

浄土宗総合研究所編 浄土宗出版室刊
A5判 486ページ 定価 3,780円(税込)

法然上人のご法語のやさしい現代語訳版。各索引用語解説付。
法然上人のご法語(3)―対話編―では「要義問答」「一百四十五箇条問答」など42編のご法語を抄出して現代語訳。
学習・研修・法語参考図書としても。

(この本のお申し込みは、浄土宗出版室までどうぞ。)


法然上人のご法語(2)(法語類編)

出版年月日:1999年3月25日

浄土宗総合研究所編 浄土宗出版室刊
A5判 416ページ 定価 3,500円(税込)

「一枚起請文」「登山状」「一期物語」など、30編の御法語から231の要文を選び出してテーマ別に分類、やさしい現代語訳をほどこしました。
各種索引も充実し、法語の検索にも便利です。

(この本のお申し込みは、浄土宗出版室までどうぞ。)


法然上人のご法語(1)(消息編)

出版年月日:1997年3月25日

浄土宗総合研究所編 浄土宗出版室刊
A5判 288ページ 定価 3,000円(税込)

法然上人のご消息(お手紙)26篇の中から、心に響く208の法語を選び出してテーマ別に分類、やさしい現代語訳を付しました。
各種索引も充実し、法語の検索にも便利です。
浄土宗総合研究所の2年半にわたるプロジェクト研究「浄土宗義と現代」の成果。
「新・法然上人法語集」の編纂と現代語訳の第1弾。

(この本のお申し込みは、浄土宗出版室までどうぞ。)


葬祭仏教 -その歴史と現代的課題-

出版年月日:1997年6月11日

伊藤唯真・藤井正雄編 ノンブル社刊
A5判 405ページ 定価 7,300円(税別)
ISBN 4-931117-23-6 C0015

日本仏教に特徴的な葬祭仏教を、過去・現在にわたって総合的に調査・研究し、その望ましきありようについて提言する。
浄土宗総合研究所の研究プロジェクトである「葬祭仏教の総合的研究」の2年半に及ぶ研究をまとめた成果報告書。


浄土教文化論―阿弥陀仏編―

出版年月日:1994年6月11日

浄土宗総合研究所編 山喜房仏書林刊
B5判 130ページ 定価 7,150円(税込)

『浄土教文化論』第1集の念仏編に続く第2集。本書はとくに阿弥陀仏信仰論の特質を中心テーマとして、信仰論・経典論・信仰的基盤・研究史に関する論文を収録している。

(この本のお申し込みは、浄土宗出版室までどうぞ。)


浄土教文化論

出版年月日:1991年5月11日

浄土宗総合研究所編 山喜房仏書林刊
B5判 403ページ 定価15,000円(税込)

浄土教を基調とした学問・思想・宗教・道徳・芸術など諸領域にわたって展開された諸文化現象について、法然上人がどのようにして外来文化としての文化を受容し、かつ日本固有文化の特質を加味しつつ日本の宗教文化としての浄土教を形成・展開し、現在に及んでいるかを教理・歴史・文化の三分野から究明する。
本書はとくに念仏思想の流れを中心テーマとして、インド・中国・日本における念仏思想の流れ、念仏信仰の担い手・文化・布教・儀礼、さらには現代における念仏論に関する論文を収録している。


Buddhist Care for the Dying and Bereaved in the Modern World :Global Perspectives

出版年月日:2012年12月

ジョナサン・ワッツ/戸松義晴編 Wisdom Publications刊
B5変形版 264ページ 定価 $22.95
ISBN 1614290520

(目次等の詳細はこちら/この本のお申し込みはAmazonからどうぞ)


Never Die Alone :Death as Birth in Pure Land Buddhi

出版年月日:2008年7月

ジョナサン・ワッツ/戸松義晴編 浄土宗出版
B5変形判 175ページ 定価 1,890円(税込)/$17
ISBN978-4-88363-041-7 C0015

浄土宗総合研究所の「Ojo&Death(往生と死)」プロジェクトチームが、2年間にわたり、「往生と死」について、浄土教、日本仏教が現代社会にどのような意味を持ち、関わっていくのかを研究した成果。法然上人の往生観をはじめ、カール・ベッカー氏や、英国、タイなどの研究者が講演した記録などを収録。

(この本のお申し込みは浄土宗出版室まで/海外からの注文はAmazonからどうぞ)


Traversing the PURE LAND PATH

出版年月日:2005年8月

ジョナサン・ワッツ/戸松義晴編 浄土宗出版
B5変形判 176ページ 定価 3,150円(税込)/$29
ISBN 978-4-88363-341-8 C081

『法然上人行状絵図』を中心に、豊富な絵図を用いて英文で編集。
法然上人と出会った人々の伝記から上人の教えの真髄に迫る。
浄土教の重要な用語もコラムに。

(この本のお申し込みは浄土宗出版室まで/海外からの注文はAmazonからどうぞ)




 
ページの先頭へ