研究プロジェクト

HOME > 研究プロジェクト

プロジェクト詳細

教学研究II(京都分室)-総合研究プロジェクト-

研究代表: 藤本淨彦
研究主務 : 齊藤舜健
研究員 : 市川定敬、井野周隆、八橋秀法、田中芳道
嘱託研究員 : 上田千年、曽田俊弘、伊藤茂樹、南宏信、米澤実江子
研究スタッフ : 岩谷隆法、角野玄樹、永田真隆、西本明央
【概要】
 本研究班では、浄土三部経が近世以降どのように理解されてきたのかを調査研究紹介することを目的として義山良照の『浄土三部経隨聞講録』の読解研究をおこない、他方で、江戸期の浄土宗の教学等についてさらに広く解明するため江戸期の浄土宗関連人物についての網羅的な調査整理を行っている。
 
 28年度は、『観無量寿経随聞講録』巻中之一の読解研究、『蓮門精舎旧詞』のデータ整理と人物とその業績の抽出作業と相互の関連性の調査、江戸期の浄土宗関連の著作および出版情報の整理等(必要に応じて資料の収集)を行う予定にしている。

一覧に戻る

これまでの研究プロジェクト


 
ページの先頭へ