研究プロジェクト

HOME > 研究プロジェクト

プロジェクト詳細

布教研究-総合研究プロジェクト-

研究代表: 今岡達雄
研究主務 : 後藤真法
研究員 : 八木英哉、宮入良光
嘱託研究員 : 中川正業、郡嶋昭示
研究スタッフ : 大高源明、伊藤弘道、遠田憲弘、宮田恒順
【概要】
 近世以降、布教指南書として有名な大日比法洲の『三法語講説』は、現代の教師が布教するうえでも大変学ぶ価値が高いものである(ちなみに、『三法語講説』は、「講説大意」一巻・「大胡消息講説」二巻・「小消息講説」二巻・「一枚起請文講説」二巻から成る)。
 
 しかしながら原本が入手困難であり、また文体の古さ・用語の難解さ・差別用語等の理由により、良書にもかかわらず、宗内であまり広く活用されていないのが現状である。現在上記書物は、『大日比三師講説集』(全三巻/明治四十三年、西圓寺出版)や、『浄土宗教学大系』九(「小消息講説」と「一枚起請文講説」のみ収録、昭和六年、大東出版社)に収録されているが、これすら入手は困難である。
 
 そこで、テキスト化・現代語化し、幅広く活用できるようなコンテンツとしたい。なお、本プロジェクトは四年をもって終了予定である。

一覧に戻る

これまでの研究プロジェクト


 
ページの先頭へ