研究プロジェクト

HOME > 研究プロジェクト

プロジェクト詳細

浄土宗基本典籍の英訳研究-総合研究プロジェクト-

研究主務 : 戸松義晴
研究員 : 佐藤堅正
嘱託研究員 : 北條竜士、石田一裕、Jonathan Watts
研究スタッフ : 高瀬顕功、小林惇道、平間理俊、松濤芙紀
【概要】
 本プロジェクトは劈頭宣言「世界に共生きを」に基づき、浄土宗の教えを世界へ発信することを目的とする。そのために『浄土宗聖典』の英訳を行い、その成果の出版を目指すとともに、英訳で得た知見を海外の学術会議において報告することで、浄土宗の海外展開に貢献する。本年度は①基礎作業、②英訳編集作業、③研究成果報告の三部門の研究を行なう。
 
 ①基礎作業では『浄土宗聖典』第四巻の「念仏往生要義抄」の翻訳準備作業とこれまでの英訳に基づいたグロッサリー(語彙集)の作成。②英訳編集作業では「往生大要抄」と『観経疏』定善義の英訳、またHonen the Buddhist Saint: His Life and Teachingの編集校訂作業を行う。③研究成果報告では公開講座を行うとともに、研究成果を『教化研究』において報告する。

一覧に戻る

これまでの研究プロジェクト


 
ページの先頭へ