研究プロジェクト

HOME > 研究プロジェクト

プロジェクト詳細

教学研究Ⅰ(東京)-総合研究プロジェクト-

研究主務 : 柴田泰山
研究員 : 齊藤舜健、袖山榮輝、大橋雄人
嘱託研究員 : 坂上雅翁、石田一裕、工藤量導、石上壽應
研究スタッフ : 杉山裕俊、長尾光恵
善導大師の『観経疏』「序分義」は、法然上人が積極的に引用することがあまりないので従来の研究ではあまり取り上げられる機会がなっかた。しかし内容を精査すると、善導大師による王舎城の悲劇に関する解説、三福に関する議論、韋提得忍の階位に関する解説など、『観経疏』全体の内容解釈に大きく関わる部分である。
 
そこで本研究会ではこの「序分義」の現代語訳化ならび注記の作成を進め、これまで難解とされてきた『観経疏』の内容を広く宗門に伝えたい。

一覧に戻る

これまでの研究プロジェクト


 
ページの先頭へ