講座案内

HOME > 講座案内

公開研究会

山下祐介先生講義「人口減少社会について考える」-総合研究プロジェクト-

日時 2015年3月2日(月)14:00~16:00
場所 浄土宗大本山増上寺会館 二階 松・杉の間
主催 浄土宗総合研究所「開宗850年に向けて/過疎対策研究班」

浄土宗総合研究所の過疎対策研究班では、過疎地における浄土宗寺院の現状と問題点、また各寺院や教区などの取り組みを探ることを目的として研究を進めて参りました。平成25年度には「これまでの20年、これからの20年 ―過疎地域寺院の現状と浄土宗寺院の将来―」と題して、首都大学東京准教授の山下祐介先生を招いてシンポジウムを行いました。

 

最近、日本創成会議によるいわゆる「増田レポート」が発表され、大いに注目を集めています。山下祐介先生はこの増田レポートへの反論本として、『地方消滅の罠―「増田レポート」と人口減少社会の正体』(ちくま新書)を上梓されました。 この度の公開研究会では、この本での主張を中心にご講義をいただき、さらには思想・価値・信仰といった問題にも踏み込んで意見交換をしたいと考えています。

 

  • 講 師 : 山下祐介(首都大学東京准教授)
  • 講 題 : 「人口減少社会について考える―「地方消滅」論とまち・ひと・しごと創生から」

 

どなたでもご参加いただけます(参加費は無料です)。ご興味のある方は下記の問い合わせ先よりお申込みください。どうぞよろしくお願いいたします。

浄土宗総合研究所

東京都港区芝公園4-7-4 明照会館内
TEL :03-5472-6571(代表)  FAX :03-3438-4033
E-mail:kudo@jsri.jp (担当:工藤量導)



一覧に戻る


 
ページの先頭へ