講座案内

HOME > 講座案内

公開講座

【平成27年度・京都】善導大師「般舟讃」の行法-総合研究プロジェクト-

日時 平成28年2月19日(金)午後2時より
場所 大本山金戒光明寺 大方丈
主催 浄土宗総合研究所 法式研究班

 善導大師の五部九巻のうちの『般舟讃』は、行法であるにも関わらず、残念ながら現在、本宗では修されていません。しかし、『浄業課誦付録』には「般舟付録」として掲載されており、増上寺経蔵所蔵の現存する資料によると、少なくとも徳川家九代家重(惇信院殿)、十二代家慶(慎徳院殿)の新葬中陰二七日において、『般舟讃』が修されていました。また、現在増上寺において唱えられている「称讃偈」は『般舟讃』からの抜粋であり、この「称讃偈」も将軍家法事等において唱えられていました。
 このほど浄土宗総合研究所法式研究班では、後世に伝承されることのなかった法要儀式としての「般舟讃」再生復興を試み、その内容・意図を考慮したうえで、重要箇所を抜粋し「日常勤行式」の形に基づいて次第を構成しました。
 つきましては、その「般舟讃」の行法のお勤めを、柴田泰山師による『般舟讃』についての講義とともに実施いたします。お申し込み不要でどなたでもご覧いただけますので、ぜひご参集くださいますようご案内申し上げます。
法式研究班 主務 中野孝昭
 
 
■日 時   平成28年2月19日(金) 午後2時より
 
■会 場   大本山金戒光明寺 大方丈
 
■主 催   浄土宗総合研究所
 

浄土宗総合研究所

東京都港区芝公園4-7-4 明照会館内
TEL :03-5472-6571(代表)  FAX :03-3438-4033
E-mail:kudo@jsri.jp (担当:工藤量導)



一覧に戻る


 
ページの先頭へ