講座案内

HOME > 講座案内

公開シンポジウム

浄土宗教師の社会実践―法然上人のまなざしから―-総合研究プロジェクト-

日時 平成29年2月20日(月) 12時45分~
場所 大本山増上寺光摂殿
主催 浄土宗総合研究所

 浄土宗総合研究所では公開シンポジウム「浄土宗教師の社会実践―法然上人のまなざしから―」を開催します。東日本大震災以降、様々な形で仏教者の社会での活動が取り上げられるようになりました。本年は東日本大震災の七回忌を迎えるとともに、阪神淡路大震災の二十三回忌、熊本地震の一周忌の年でもあります。
 
 本シンポジウムでは、東日本大震災を契機として、注目されている仏教徒の社会実践、とりわけ浄土宗教師の社会実践について、活動の土台となる思想的背景、具体的な活動の在り方、また様々な課題について議論することを目指します。
 
■プログラム/登壇者(敬称略)
 
 12:45~ 開会 (東日本大震災七回忌供養)
 
 13:10~ 基調講演 : 島薗進 (上智大学グリーフケア研究所所長)
 
 14:00~ 事例報告 : 伊藤竜信 (浄土宗教師、臨床仏教師)
 
 14:20~ 休憩
 
 14:35~ パネルディスカッション
 
      パネリスト : 曽根宣雄 (大正大学准教授、浄土宗総合研究所研究員)
 
            藤澤雅子 (淑徳大学短期大学部教授・看護師)
 
            堀下剛司 (hasunoha代表)
 
      司  会 : 宮坂直樹 (浄土宗総合研究所研究員)
 
 17:00~ 閉会
 
2017シンポチラシ_01.jpgのサムネイル画像
 

浄土宗総合研究所

東京都港区芝公園4-7-4 明照会館内
TEL :03-5472-6571(代表)  FAX :03-3438-4033
E-mail:kudo@jsri.jp (担当:工藤量導)



一覧に戻る


 
ページの先頭へ